FAB(ファブ)とは?

3D プリンタをはじめとしたデジタルなモノづくりが近年普及したことによって、
個人が自分の” アイデアを形にすること” がより簡単になりました。

デジタル技術によって可能になる、思いを形にする創造性を、
「Fabrication(ものづくり)」と「Fabulous(たのしい)」を合わせ、FAB(ファブ)と呼んでいます。


FABのメリット

FAB のメリットは大きく分けて3 つあります。

個人に合わせたものづくり

写真のギプスは3Dプリンタで製作したものですが、このように、ひとりひとりの身体のかたちや、暮らす環境に合わせたものを作ることができます。

この世に存在していないものを作れる

呼吸器のホースをベッドサイドで留めるフックや、一度に何回も漢字の書き取りができる「cheating pencil」のような、まだこの世に存在していないものを作ることが出来ます.

複製をすることができる

既成品の欠けてしまったパーツや、壊れてしまったパーツを作りなおすことが出来ます。また、複製するだけではなく、パーツをカスタマイズして置き換えることも可能です。


FABで使われる機材と素材

FAB で主に使われる機材は3D プリンタです。

昔は数千万円した3D プリンタですが、 特許が切れたたことで非常に安価になり、 PC を買うような値段で買えるようになりました。使える素材も豊富で用途に合わせて使い分けることができます。

3Dプリンタ 木の素材が含まれた招き猫 柔軟性のある素材

他にも、木やアクリル板の切断と彫刻ができるレーザーカッター、木材や金属が削れるCNC ミリングマシン、データから自動で刺繍をするデジタル刺繍ミシンなど、様々な機材が用いられます。

レーザーカッター CNCミリングマシン デジタル刺繍ミシン

FABで例えばこんなもの

FABを用いることで、生活の中で利用できるものを作ることが可能になります。ありあわせではない、個人にぴったり適合するものを作ってみましょう。