看護のためのFAB技術

3Dプリンタを始めとするデジタル工作機械は、必ずしもケア用品の製作を前提としたものではありません。
私たちは、多様な選択肢の中から適切な機材や素材を見極めるとともに、新しい技術の開発にも取り組んでいます。

現場のニーズから生まれる、社会と結びついたテクノロジーこそ有用なものだと考え、 フィールドワークなどで得られた現場の声を技術に反映することを重視しています。

     


ソフトウェア

身体にフィットするものを作るためには、正確な3Dデータ編集が必要になります。
3Dスキャナによる表面形状やCTスキャナによる内部構造をそれぞれデータ化し、
様々なデータ形式を横断して3Dプリントするためのフローを確立します。
また、ソフトウェアの開発者と連携しながら、新たな機能の開発に取り組んでいます。

Metasequoia Body-Clip Plugin Roi Painter


マテリアル

3Dプリントの素材として硬質の樹脂素材が一般的です。
しかし、ケアの現場では柔らかいものや丈夫なものなど様々な機能が求められます。
マテリアルの特性を学び、現場のニーズに合わせたものづくりの提供を目指しています。

〇柔らかい素材

人体を柔らかく受け止めるため、柔軟性のある素材を利用しています。
素材自体の柔らかさに加え、内部構造を操作することでさらに細かな需要に応えます。

     


〇生体適合性がある素材

直接皮膚に触れる部分などには、生体適合性を持つFABRIALシリーズを用いています(JSR株式会社との共同開発)。
その他、利用頻度やシチュエーションに合わせ、清潔さを保つことができる素材や後加工の手法を検討しています。