筋肉注射練習用臀部モデル

筋肉注射の練習は、果物など感覚が似たもので代替されてきた。看護師同士の手技練習でも、臀部にはプライバシーの配慮が必要となりハードルが高い。正しい位置を探す訓練を受けていない看護学生が筋肉注射を行う際、刺してはいけない部位(座骨神経など)を損傷してしまうリスクがある。そこで、ベルトのように巻いて利用する臀部の模型を製作し、より手軽で実践的な練習を可能にした。

素材:PLA 、NinjaFlex、ゴムバンド
制作:三田祐喜子