薬の飲み忘れを防ぐプロダクト

生活の中で服薬を忘れないようにするためのプロダクト。一度に飲む薬を円筒状で色の異なる蓋がついた箱に入れ、これを取り出すときパネルにアニメーションが表示される仕組みになっている。服薬に楽しみを持たせることで利用者の主体性を促すとともに、まわりの家族や介護者とのコミュニケーションを促すことも目指している。

素材:PLA、アクリル、液晶タブレット、RFIDタグ・リーダー等
制作:千葉真英